中古マンションの料金

受け取った中古マンション購入申込書に、どう対応すればいいのでしょうか。まず忘れてはならないのは、購入申込書は「買主の一方的な希望」であるということです。つまり、購入申込書の買主の希望条件に、すべて合わせなくてはいけないということではありません。購入申込書の中でも、しっかり詰めておくべきポイントを整理しましょう。

まずは価格です。一般の買主さんの場合、売り出し価格から数%以上低い価格を提示することはあまりありません。たいていの場合、1580万円であれば端数を切った1500万円などでの申込みが入ります。当然、買主の希望する価格でOKを出せば、スムーズに契約できるでしょう。しかし、中古マンションの売主としては少しでも高く売りたいもの。不動産の場合の「少し」は「数十万円」に相当します。でもやっと運命の買主さんが現われた。このチャンスを逃してはいけません。仲介をする不動産屋は「売れてなんぼ」ですから、「ここで逃さないように歩み寄りましよう」といってきます。しかし簡単に首を縦に振るのもと、多くの売主さんは考えます。そこでいいことをひとつ教えましょう。

それはあなたが運命の買主さんとめぐりあったように、買主さんも「運命の物件」とめぐりあえているということです。1580万円の売り出し価格に1500万円で購入申込書を出してきた買主さんも、当然、「希望通りの1500万円になる」とは思っていません。交渉の幅を見込んで購入申込書の価格を決めています。そして売主さんが「ここまでしか下げられないよ」といえば、この価格がすんなり通ることが多いのです。それはなぜでしょう。これは、買う立場になればわかります。運命の物件と出会えたのであれば、数十万円の値引きを申し出たとしても「数千万円にならなきゃ買わない」という人はまずいません。よって、売主としては強気に交渉すべきです。しかし、あまり強気に出て、買主の機嫌を損ねるわけにもいきません。モタモタ交渉していて、買主の熱が冷めてしまえば大変です。こうした買主の心理を考えつつ、価格交渉をどのように詰めればいいのでしょうか。「じゃあ、数万円だけ下げましょうか」と、売主として値下げ額を提案する方法もありますがこれはお勧めできません。