新築であれ、中古であれ、マンションを買うの はほとんどが個人です。個人で耐震性をチェックするのは、時間的にも資金的にも限られた範囲で しかできません。しかも、チェックするのは、マ ンション全体の構造や基礎の部分。つまり、所有者全員で共有している部分です。
特に新築マンションの場合、購入者同士の横の つながりがありませんから、全員で共有する部分 を、それぞれ個人でチェックするしか方法はあり ません。 まずは、事件で偽造された構造計算書や設 計図書を専門家にチェックしてもら う方法があります。しかし、これだけでは万全ではありません。設計図どおり、手抜きなく施工さ れたかどうかを、着工から完成までチェックしつづけないと、欠陥マンションを防ぐことはできな いからです。これを個人でやることは、とてもハ ードルが高いので、売り主である不動産会社を信 頼するしかない、ということになりがちです。 けっきょくは耐震性について、納得できるまで 詳しく説明を求めるといったところが、現実的な ところでしょう。